血圧を下げる食べ物・きのこ【積極的に食べるべき理由とは?】

血圧を下げる食べ物

・きのこは血圧を下げるのか?…知りたい

 

・高血圧なんだけど、きのこの食べ方や注意点ってあるの?

…こんな疑問を持つ方向けの記事です。

 

本記事の内容

・真の高血圧の原因と改善方法
・きのこの血圧を下げる成分、効果
・食べ方、注意点

 

筆者は高血圧に悩んでいましたが、生活習慣の見直しと改善によって約半年間で、上の血圧を180~190台から、130台まで下げる事が出来ました。

まだ下の血圧が少し高いままなので、高血圧の本当の原因と向き合い、改善に取り組んでいます。

 

真の高血圧の原因と改善方法

きのこには、血圧を下げると期待される成分が含まれていますが、高血圧の本当の原因を突きとめないと、きのこのパワーを活かす事が出来ません。

 

動脈硬化と血管プラーク

下記の書籍には、真島医師が10年以上に渡り、血管エコー検査で患者さんの血管内部の変化を見続け分析してきた結果から得た、貴重な知見が書かれています。


簡単に言うと、高血圧・脳梗塞・心筋梗塞の真の原因は、動脈硬化です。

そして動脈硬化は、油や食品から摂る脂質の過剰摂取により、血管内皮細胞に油の微粒子が沈着する事で形成される、血管プラークが堆積する事で起こります。

 

免疫細胞の貪食能力

血管プラークは定説では減らせないとされているため、世の中の多くの医師は、血管を柔らかくする食材の摂取や、悪玉コレステロール値を下げる薬の処方で対応しようとします。

しかし、真島医師は全身8か所の血管エコー検査で、患者さん達の血管にどれくらい血管プラークが厚く堆積しているのか細かく調べ、大勢の患者さんへ食事指導を行う事で、血管プラークを減らし動脈硬化の改善に寄与されています。

真島医師の血管エコー検査では、写真撮影も同時に行い、血管プラークがどれくらい減ったか(増えたか)を、0.01mm単位で測定しているため、プラークが減らせることは多くの症例において実証ずみです。

書籍にはプラークの改善例が、1000件以上と記載があります。

では、どうやって血管プラークは減らせるのでしょうか?

まずは、油や食品から摂る脂質の過剰摂取をしない事です。

1日の脂質摂取量において、ある一定ラインを超えなければ、私たちの体内の免疫細胞の一種・マクロファージが血管プラークをむしゃむしゃと食べて減らしてくれます。

マクロファージは普段から、がん細胞やウイルスなども食べています。

ただし、ある一定ラインを超えて脂質をとり過ぎると、それがどんなに体に良いとされる油であっても、余剰分として血管内壁に沈着し血管プラークとなり、マクロファージの処理能力を超えて、プラークが堆積していくのです。

このように、脂質のとり過ぎをしない事が、動脈硬化(高血圧)の予防・改善をするために必要です。

また、マクロファージのプラークを食べる能力をアップさせるために、マクロファージを活性化させる事も有効なようです。

そしてきのこには、マクロファージを活性化させる成分が含まれているのです。

 

きのこの血圧を下げる成分、効果

注目の有効成分

・βグルカン
・ビタミンD

参考

【 脂質量 】
・ブナシメジ 0.6g
・マイタケ  0.7g
・えのきたけ 0.2 g
・ほんしめじ 0.3 g

 

βグルカン

βグルカンは、きのこの細胞壁にある食物繊維です。

グルカンと呼ばれる多糖の一種なのですが、βグルカンは腸内の免疫細胞に直接的に作用して、活性化させると言われています。

まだ全容が解明されている訳ではありませんが、私たちの腸は、マクロファージを始めとした免疫細胞を元気にさせる舞台装置です。

例えば、βグルカンが含まれていない野菜の食物繊維であっても、その食材を食べることで食物繊維は腸の中の善玉菌を増やします。

善玉菌はマクロファージを活性化させるため、食物繊維は間接的に私たちの健康に寄与していると言えます。

そして、野菜の食物繊維よりも免疫賦活作用(めんえきふかつさよう・免疫力をアップさせる働き)が高いと注目を浴びるきのこのβグルカンは、マクロファージにどんどん血管プラークを食べて減らしてもらって動脈硬化を改善するために、積極的に摂りたい食品です。

βグルカンは抽出の仕方によって、取得できる数値は変わってくるようです。

参考までに下記に、95度で抽出したきのこ類のβグルカン含有量を載せておきます。

ブナシメジ   13.7
マイタケ    34.5
エノキタケ   3.2
ホンシメジ   31.1

引用:北海道立総合研究機構食品加工研究センター研究報告より
単位はg

 

ビタミンD

ビタミンDは、2000年以降に世界中で研究が盛んに行われ、色んな発表がされている成分です。

まだまだ解明されていない面も多いようですがビタミンDには、ガンの抑制効果があると言われています。

また、動脈硬化や血管プラークの石灰化を抑制する働きもあるとの事。

そして、血管プラークを食べて減らしてくれるマクロファージなど免疫細胞の力を高める効果も、ビタミンDにはあると言われています。

ビタミンDは太陽の光を浴びて紫外線から取り入れる方法もありますが、きのこ類にはビタミンDが他の食材よりも多く含まれるため、ビタミンDの摂取をしたい方は、普段の食事に意識してきのこを取り入れると良いでしょう。

 

食べ方、注意点

高血圧の真の原因は、動脈硬化です。

動脈硬化は、脂質の過剰摂取によって血管プラークが堆積することで起こります。

低カロリーでβグルカンが多く含まれるきのこは、マクロファージの能力アップのためにどんどん食べていきたい食材ではありますが、調理法には注意が必要です。

美味しいからと言って、油で炒めたきのこ料理を食べていると、一日の脂質摂取量が過剰になってしまいます。

本気で動脈硬化を改善したい、本気で高血圧を何とかしたい、本気で将来の心筋梗塞・脳梗塞を予防したい!…と考える人は、真島医師も油炒めをさけるようにすすめています。

どうしてもきのこを炒めたい場合は、油をひかずに、テフロン加工されたフライパンを使って調理すると良いと思われます。


タイトルとURLをコピーしました