血圧を下げる食べ物。なす【成分・効果・食べ方】

血圧を下げる食べ物

・茄子に含まれる成分って、血圧を下げるの?

 

・高血圧の改善のために、なすの食べ方や注意点があれば知りたい

…こんな疑問を持つ方向けの記事です。

 

本記事の内容

・血圧を下げるナスの成分、効果

・なすの食べ方、注意点

 

2020年1月に血圧の上が180~190台あった筆者は、高血圧の原因が動脈硬化にある事を突き止め、生活習慣の改善を始めました。

2020年12月9日からは脂質の過剰摂取をやめて、高い下の血圧の改善に取り組んでいます。

筆者の血圧の推移は、当サイトのトップページをご覧ください。

 

血圧を下げるナスの成分、効果

注目成分

・コリンエステル
・食物繊維 … 2.2 g

※上記の数値は、なす100グラム当たりの含有量

 

コリンエステル

これまで茄子は、取り立てて注目する成分や効果が無い野菜と言われてきました。

しかし信州大学の研究で、なすに含まれるコリンエステルと呼ばれる物質に、血圧を下げる効果があると発表されました。

コリンエステルは、神経伝達物質です。

人間は起床後から活動を始めると、交感神経が優位になり血圧が上昇します。

コリンエステルには、消化器官を通じて交感神経の働きを穏やかにして、血圧上昇を抑える仕組みがあると言われています。

さらに、なすに含まれるコリンエステルは、トマトなど他の野菜のコリンエステルと比べて、1000倍も多く含まれるそうです。

 

血圧の数値を下げるだけでは意味がない

しかし、血圧の数値が下がれば、それで本当に良いのでしょうか?

当サイトでは一歩踏み込んで、高血圧の真の原因を取り除く方法に、着眼点を置いています。

なぜなら、医師からお墨付きを受けるほど健康診断などの数値が良くても、脳梗塞や心筋梗塞などで倒れる人が、後を絶たないからです。

みなさんの周りでも、昨日まで元気だったあの人がなぜ…という出来事を経験された事がないでしょうか。

血圧が上がる真の原因

下記の書籍において、真島医師は高血圧や心筋梗塞、脳梗塞の主要な原因が、血管壁内に血管プラークが堆積する事で起こる、動脈硬化にあると断言しています。

真島医師は、血管エコーを使って3万人以上の患者さんの血管内部の汚れを、実際に写真におさめて観察・分析をしています。

私たちは普段の食事で、油や食品から脂質を摂っています。

人間が生きていく上で、必要最低限の脂質は必要です。

しかし、一定ラインを超えて脂質を摂取し続けると、血管壁内に油の微粒子が沈着、堆積して溜まり続け、血管プラークを形成します。

血管プラークの堆積を放っておけば、血管内腔が狭くなることでどんどん血流が悪くなり、血液が流れる時に血管壁にかかる圧力が増して血圧が上がるだけでなく、心筋梗塞や脳梗塞、大動脈解離といった命に関わる大病を引き起こす原因ともなります。

また残念ながら、魚の油やえごま油など体に良いとされる油も、悪い油も、酸化した油も種類は関係なく、とり過ぎた油は全て、血管プラークを堆積させる材料となります。

しかし、恐ろしい血管プラークが減らせることも、真島医師の血管エコー検査で撮影した写真から、実証ずみです。

 

血管プラークを減らすマクロファージ

私たちの体内には、11億匹以上のマクロファージと呼ばれる免疫細胞の一種が生息しています。

マクロファージは普段から、がん細胞やウイルスをむしゃむしゃと食べてやっつけてくれています。

このマクロファージが実は、血管プラークも食べてくれているのです。

ただし、一定ラインを超えて1日の中で必要以上に脂質をとり過ぎてしまうと、マクロファージが血管プラークを食べて減らす量よりも、油の微粒子が血管壁内に沈着して堆積していくスピードが勝ってしまいます。

高血圧(動脈硬化)を改善・予防する上で大切なことは、①脂質をとり過ぎない事と、②マクロファージを元気にして働きを良くする事なのです。

 

食物繊維

なすは比較的、食物繊維が多い野菜です。

私たちが摂取した食物繊維は、腸の中でマクロファージの栄養分・エサとなります。

マクロファージに動脈硬化の原因となる血管プラークをどんどん食べてもらうために、普段から食物繊維の多い野菜類などを食べておく事は、非常に大切です。

 

なすの食べ方、注意点

コリンエステルは、熱に強いと言われています。

よって、なすを加熱調理してもコリンエステルは失われにくいと考えられるので、コリンエステルの摂取を第一に考える場合、調理法にはさほど気を使う必要はないと思われます。

しかし当サイトでは、なすの食物繊維に、より重きを置いています。

また、マクロファージをさらに元気にするナスの食べ方があるので紹介しておきます。

 

おすすめのメニューと乳酸菌

おすすめの食べ方は、ぬか床に漬けて食べるナスのぬか漬けです。

また、なすの浅漬けです。

大切なのはナスを乳酸発酵させて食べること。

なぜなら、乳酸菌もマクロファージを活性化させる重要な材料となるからです。

出来れば市販品よりも、自分の家の糠(ぬか)で漬ける、手作りのぬか漬けの方が良いです。

浅漬けは作ってすぐに食べると発酵が進んでいないので、2~3日置いてから食べるのが良いでしょう。

筆者は、乳酸菌や酵母菌をより多く摂取できるぬか漬けをおすすめします。

なすの食物繊維乳酸菌のダブルパワーでマクロファージを元気にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました