油炒めがダメな理由。 血圧を下げる食べ物・キャベツ【効果】

血圧を下げる食べ物

・キャベツの血圧を下げる成分や効果について知りたい

 

・高血圧なんだけど、キャベツの食べ方で血圧の下がり方って変わる?

…こんな疑問を持つ方向けの記事です。

 

本記事の内容

・キャベツの血圧を下げる成分、効果

・キャベツの食べ方、注意点

 

筆者自身、高血圧に悩んでおり2020年1月から生活習慣の見直しと改善を行い、約半年間で血圧の上を180~190台から、130台まで下げる事が出来ました。

2020年12月からは、高い下の血圧を下げる取り組みをしています。

今回の記事は真島医師が書いた、下記の書籍を話の根拠、参考にしています。

キャベツの血圧を下げる成分、効果

注目の有効成分

・カリウム  … 200 mg
・ビタミンC …  41 mg

※上記はキャベツ100g当たりに含まれる含有量です

 

カリウム

100グラム当たりのキャベツには、約200ミリグラムのカリウムが含まれています。

世間一般で知られる現代医学の常識では、高血圧の主な原因は、塩分(ナトリウム)とされています。

カリウムは人間の腎臓において、ナトリウムが体内に再吸収されるのを防ぎ、カリウムはナトリウムを引き連れて体外へと排出してくれます。

よって、カリウムが多く含まれる食品を摂取することが、血圧を下げる方法の1つとされています。

しかし、当サイトでは2020年12月現在、高血圧を改善する上でカリウムの効果を重要視していません。

なぜなら、塩分を控えてもカリウム食品を摂っても、高血圧の真の原因である血管プラークが減らないことが、真島医師の長年に渡る分析と考察によって実証されているからです。

 

高血圧の真の原因

カリウム食品を摂ったり、血管を柔らかくする成分を摂取することで、本当に高血圧を根本から改善する事はできるのでしょうか?

真島医師は、血管エコー検査によって大勢の患者さんの血管内部を、10年以上に渡り見続けています。

高血圧は、実は動脈硬化によって起こります。

そして動脈硬化の原因は、油や食品から摂る脂質の過剰摂取によって、油の微粒子が血管壁内に堆積して作られる血管プラークなのです。

世間では、悪玉コレステロールが血管プラークを作る主要因とされていますが、その定説が間違いである事は、真島医師が実証ずみです。

真島医師は血管エコーで検査する患者さんが、これまでどんな食生活を行っていたか細かくヒアリングします。

そして、0.01mm単位で全身8か所分の血管プラークの厚みの総計を出し、改善が必要な患者さんには食事療法を指導します。

その結果、残念ながら真島医師が取った膨大なデータから、体に良いとされる魚の油であっても、必要以上に摂り過ぎた脂質は、血管プラークの厚みを増やしてしまう事が分かっています。

血管プラークが大きくなると血管の内腔が狭くなり、血液が流れる時に血管の内側にかかる圧力が上昇し、血圧が上がるという仕組みです。

塩分を控えても、悪玉コレステロール値を薬で下げても、運動をしても、血管プラークを直接的に減らす事は出来ません。

血管プラークを減らすマクロファージ

しかし、私たちの体に元々備わっている免疫細胞(マクロファージ)は、血管プラークを食べて減らす事が出来ます。

定説では減らせないとされている血管プラークが、実際に減ることも、真島医師が撮影した沢山の血管エコー写真によって証明されています。

ただし、マクロファージは普段から、がん細胞やウイルスを食べたりと色んな仕事をしています。

一日の中で食事から脂質をたくさんとり過ぎてしまうと、血管壁内に沈着して出来る血管プラークが増えていく分が上回り、マクロファージが食べても減らすことが出来ません。

大切なことは、出来れば脂質計算をしながら、日々の食事において過剰に脂質をとり過ぎないこと

そして、マクロファージが血管プラークを食べる能力(貪食機能・どんしょくきのう)を高めることが、高血圧の真の原因である血管プラークを減らすために重要なのです。

 

ビタミンC

キャベツは他の野菜と比べて、ビタミンCを豊富に含みます。

ビタミンCには、免疫賦活作用(めんえきふかつさよう)があります。

免疫賦活作用とは、免疫力を活性化させる働きのことです。

簡単に言うと、血管プラークをむしゃむしゃ食べて減らしてくれるマクロファージの能力をアップさせる栄養剤が、ビタミンCなのです。

キャベツは特殊な野菜ではなく、どのお店でも手軽に入手できる食材。

他の野菜よりもキャベツは多くビタミンCを含むため、高血圧の改善を目的とするなら、キャベツを活用しない手はありません。

 

キャベツの食べ方、注意点

これまで説明してきてお分かりのように、血圧を下げるために、一番摂取したいキャベツの有効成分は、ビタミンCです。

水溶性ビタミン

ビタミンCは、水溶性ビタミンに分類され、水に溶けやすく油に溶けにくい性質を持っています。

つまり、煮込み料理などの調理によって、キャベツに含まれるビタミンCが、水に溶けだしてしまうという事です。

 

高血圧を下げるキャベツ料理

血圧を下げる事を一番の目的とした場合、自ずとキャベツの調理法も見えてきます。

油炒めは避ける

揚げ物や油炒めなどの調理法は、動脈硬化の真の原因である血管プラークを堆積させる要因となります。

脂質計算をした上で、たまに油炒めを食べるくらいなら良いですが、真剣に高血圧を改善したいのであれば、油を使った調理法は避けるようにしましょう。

サラダで食べる

キャベツを洗う時も、ずっと水に浸けたままにしていると、せっかくのビタミンCが抜けていくと考えられます。

水でさっと洗った生のキャベツを、他の野菜などと一緒に食べるフレッシュなサラダは、ビタミンCの摂取を目的とした場合、理想的な調理法かもしれません。

スープ、煮込み料理の場合

煮汁にはビタミンCが溶け出しています。

煮汁を残してしまうと、せっかく血圧を下げるためにキャベツを選んだ意味が半減してしまいます。

煮汁まで飲めるよう、味付けから一工夫するのも良い方法だと思います。

タイトルとURLをコピーしました