使わないと損する!血圧を下げる食べ物・酢【成分・食べ方】

血圧を下げる食べ物

・酢のどんな成分が血圧を下げるの?

 

・血圧を下げるために、お酢の摂り方や注意点があれば知りたいな

…こんな疑問を持つ方向けの話です。

 

本記事の内容

・血圧を下げる酢の成分、栄養素、効能

・酢の食べ方、注意点

 

上の血圧が180~190台の高血圧だった筆者は、2020年1月から生活習慣の見直しと改善をはじめ、約半年で上の血圧を130前後まで下げる事に成功しました。

 

血圧を下げる酢の成分・栄養素・効能

・酢酸

お酢には、クエン酸などの成分も含まれますが、今回は特に血圧を下げるために関係が深いと考えられる酢酸(さくさん)についてピックアップします。

 

酢酸

お酢の、酸っぱいと感じる成分が酢酸です。

酢酸には、血管を広げるアデノシンに作用して、血圧上昇を抑える働きをすると言われています。

アデノシンとは

アデノシンは冠血流量調節因子とも呼ばれ、体内の色々な臓器の血管を広げる役目を担っています。

心臓に血液を送るための太い血管(冠血管)を広げる役目も果たすので、高血圧を下げるためだけでなく、人間が生きていく上でも、アデノシンは非常に大切な役目を持つ、欠かす事のできない因子ともい言えるでしょう。

 

酢酸と一酸化窒素(NO)

また近年、酢酸は血管内皮細胞に働きかけて、一酸化窒素(NO)の産生を促すのではないか、とも言われています。

高血圧の方なら耳にする機会も増えたと思いますが、血管の内側の壁からは、血管を柔らかくして血流を良くする物質・一酸化窒素(NO)が作りだされます。

運動などによっても一酸化窒素が作られる量は増えたりするのですが、お酢に含まれる酢酸も、この一酸化窒素を増やすことに繋がるのではないかと注目されています。

 

お酢は正常な血圧も下げる?

種々の実験でも、お酢は高めの血圧の人に対してのみ、効果を発揮すると言われています。

正常値の人の血圧を下げることはないようです。

 

酢の食べ方・注意点

血圧を下げるために知っておきたいのは、酢の種類によっては、血圧を下げる効果をさらに高める事ができる可能性があることです。

黒酢の持つパワー

黒酢は、他の種類の酢と比べても、色に特徴があります。

熟成された黒酢は琥珀色をしていますが、その褐色成分はメラノイジンと呼ばれ、メラノイジンは体内の血管や細胞を酸化から守るための、強い抗酸化作用を持っています。

血管が活性酸素によって酸化して固くなっていくことで、血管内壁にかかる血液の抵抗(血圧)も高くなります。

抗酸化作用を持つ食品の力を借りて、若くみずみずしい柔らかい血管を保つことは、血圧を下げるために非常に大切な事と考えられます。

よって、酢酸のアデノシンに働きかけて血圧上昇を抑える作用と、抗酸化作用のダブルの働きを期待するのであれば、高血圧の方は普通の酢よりも、黒酢を選ぶのが良いかもしれません。

 

一日の摂取量の目安

お酢は1日に、大さじ一杯程度(15ml)を目安に摂れば良いと言われています。

原液そのままの摂取だと食べくいので、野菜などに回しかけてドレッシング代わりとして使用したり、食材と和えて酢の物として摂取すれば食べやすいです。

 

減塩の効果も期待できる

酢は、それ自体が調味料としても使えます。

普段、味を調えるのに塩を使っている料理に対して、酢を代わりに使うことで、減塩効果も期待できます。

高血圧とナトリウムの過剰摂取の関係は言うまでもないでしょう。

酢酸や抗酸化作用など、酢そのものが持つ血圧を下げると期待される効果に加えて、塩分を摂る量を減らすことで、2重・3重の効果を期待できます。

 

料理に使いやすい

酢の酢酸は、加熱しても壊れにくい特徴がありますので、あまり注意深くならずに、色んな料理にお酢を使えます。

お酢料理にバリエーションを持たせることで、長く飽きずにお酢をうまく取り入れる事が出来るでしょう。

 

酢納豆は試す価値アリ

納豆に酢をかける食べ方は、ぜひとも試して頂きたいです。

納豆の持つナットウキナーゼの血栓を溶かす作用と、お酢の酢酸のアデノシンに働きかけて血圧上昇を抑える作用の2つの効果を得られる料理が、酢納豆です。

いつも納豆にかけている醤油ダレは塩分量も心配されるので、付属のタレを使わずに酢を使うと、減塩効果も期待できます。

タイトルとURLをコピーしました