血圧を下げる食べ物・サツマイモ【2つの重要な成分】

血圧を下げる食べ物

・さつまいもの血圧を下げる効果について知りたいな

 

・食べ方や注意点があれば教えて?

…こんな疑問を持つ方向けの記事です。

 

本記事の内容

・真の高血圧の原因と対策
・サツマイモの血圧を下げる効果、栄養素
・食べ方、注意点

 

高血圧の本当の原因を解決する方法については、世間ではあまり語られていません。

筆者は2020年1月に、上の血圧が180~190台ありましたが、生活習慣の改善と見直しを行い、約半年で上の血圧を130台まで下げることに成功しました。

その後は、高血圧の真の原因という本質と向き合い、なかなか下がらない下の血圧の改善に取り組んでいます。

 

 

真の高血圧の原因と対策

高血圧の本当の原因は何か、知っていますか?

話の根拠は、下記の医師の書籍です。


真島医師は10年以上に渡り、3万人を超える患者さんの血管内部を血管エコー検査によって観察・分析し続け、1000例以上の食事療法による改善実績を上げています。

真島医師によると、高血圧の真の原因は下記の3つが挙げられるとの事

脂質の過剰摂取による動脈硬化
② 肥満
③ 自律神経の失調状態によるもの(女性の高血圧のうち5%程度)

今回は、私たちの食生活とも大いに関わりのある、①脂質の過剰摂取による動脈硬化 をピックアップします。

私たちは、油や食品から脂質を摂取しています。

生きていく上で最低限の脂質は必要ですが、ある一定ラインを超えて脂質をとり過ぎると、良い油も、悪い油も、酸化した油も全て、油の微粒子が血管壁内に沈着し、血管プラークを形成してどんどん堆積していく事が、真島医師の長年の分析から分かっています。

そしてこの血管プラークが堆積すると血管内腔が狭くなり、同じ血液が流れるとしても血管の内側にかかる圧力が大きくなるため、血圧も上昇します。

血管プラークによって血管内腔が狭くなっている状態を動脈硬化と呼び、脂質の過剰摂取をつづけることで、どんどん動脈硬化は進行します。

恐ろしいのは、動脈硬化が進行した先には、脳梗塞や心筋梗塞などの恐ろしい病気が待っていることです。

 

血管プラークは減らせるという事実

高血圧の原因の1つは、脂質の過剰摂取によって、血管壁内に血管プラークが堆積して起こる動脈硬化によるものです。

そして、血管プラークは食事療法によって減らすことが出来ます。

血管プラークが減らせることは、患者さんの食事療法の前後で、血管エコー写真を撮影して0.01mm単位でプラークの厚みの変化を測定される真島医師によって、すでに実証ずみです。

血管プラークを減らしているのは、免疫細胞の一種・マクロファージです。

マクロファージは私たちの体内に侵入してくるウイルスや、体の中で毎日つくられるガン細胞を食べてやっつけています。

このマクロファージが、血管プラークをむしゃむしゃと食べて減らしてくれていると真島医師は言います。

しかし、油や食品からとる脂質が過剰になると、マクロファージが食べて減らせる分を超えて血管壁内にプラークが溜まっていくため、血管プラークの堆積による動脈硬化の進行の方が勝ってしまいます。

動脈硬化が原因の場合の高血圧を改善する場合、2つの方法が重要です。

① 脂質の過剰摂取をしないこと
② マクロファージを活性化して食べる力(貪食能力・どんしょくのうりょく)を高めること

上記のうち、最も重要なのが①であり、①をしないとプラークは減らせません。

その上で、②の方法を実行していきます。

そして、さつまいもには、マクロファージを活性化させる成分が含まれています。

 

サツマイモの血圧を下げる効果、栄養素

注目成分

・ビタミンC  29 mg
・食物繊維    2.2 g

参考

・脂質    0.2g

※ 上記は食品100g当たりの含有量

 

ビタミンC

ビタミンCは、マクロファージなどの免疫細胞に活力を与える成分と言われています。

ビタミンCを摂取していると風邪をひきにくい…と言われますが、ビタミンCのもつ免疫力向上の作用に理由があると考えられます。

ビタミンCを含む食材はたくさんありますが、サツマイモはビタミンCを豊富に含むので、積極的に摂っていきたい食材と言えます。

 

食物繊維

また、サツマイモは食物繊維量が多いという特徴もあります。

食物繊維も、マクロファージを元気にするために大切です。

他の栄養素を吸着する性質

食物繊維はその構造上、中身にすき間を多く持っています。

とり過ぎた油が血管プラークを作る原因となることはすでに話しました。

実は他の食品と一緒に食物繊維を食べると、例えば他の食品に含まれる油の一部を、食物繊維はそのすき間の中に取り込んで、体内には吸収させずに便として排出してくれます。

普段から意識して食物繊維の多い食材をとっていると、上記の作用によって、血管プラークが形成される量が減るのではと考えられます。

腸内細菌のエサ

食物繊維は、腸内細菌のエサとなる点も要注目です。

腸内細菌については、下記の書籍を参考にしています。


食物繊維を含む食品をとると、腸の中で善玉菌が増えていきます。

善玉菌が増えることによって、マクロファージやNK細胞などの免疫細胞が活性化されます。

よって食物繊維は、間接的にマクロファージを元気にする成分と言えます。

ビタミンの合成に必要

上記の書籍によると、ビタミンCなどのビタミン類は、ただ食品などから摂り入れても私たちはその栄養を活用できません。

ビタミン類の栄養素を活用するには、ビタミンを合成しないといけないのですが、私たちの体内では自力でビタミンを合成できないのです。

私たちの代わりにビタミンを合成してくれているのは、腸に生息する腸内細菌です。

それも、元気のない腸内細菌ではビタミンの合成力に差が出てくるとのこと。

エサとなる食物繊維をたっぷりとった腸内細菌によって、ビタミンの合成力が大幅に増強されたという研究結果もあるそうです。

ビタミンCはマクロファージなどの免疫細胞を元気にしますが、その前段階として、食物繊維をしっかり摂って腸内細菌を元気にして、ビタミンの合成力を高めておく事も大切と言えます。

 

食べ方、注意点

高血圧の1つの原因は動脈硬化。動脈硬化は、脂質の過剰摂取によって血管壁内に油の微粒子が沈着して血管プラークが堆積することで起こります。

血管プラークを減らすためには、脂質をとり過ぎないことが大前提。

次に、血管プラークをむしゃむしゃと食べて減らしてくれるマクロファージを活性化させる事が必要。

そして、サツマイモに含まれる食物繊維とビタミンCは、マクロファージを元気にする超重要な成分です。

他の食品も含めてバランスよく食べることが大切と、真島医師は言っていますが、サツマイモは真島医師の書籍やHPの情報の中でも度々、登場する食品のため抑えておいて損はないでしょう。

 

この調理法は避けたい!

基本は、ふかし芋にして食べたり、スープなどの具材にする調理法が良いと思います。

美味しいですが、大学芋や油を使って炒める調理法は避けるべきです。

健康に良いとされる油であっても、とり過ぎた油は全て血管プラークを形成する原因となることは、真島医師が実証しているからです。

 

サツマイモの品種には注意する

サツマイモの品種によっては、糖度が非常に高い物があります。

糖度の高いさつまいもは、スイーツのように甘いですが注意が必要です。

真島医師の書籍の中で、糖分のとり過ぎと血管プラークの堆積量には関係があると書かれているからです。

簡単にその作用について説明します。

体内で使われずに余った油の微粒子は、強い血流によって押し付けられるようにして、血管内皮細胞のすき間へと入り込みます。

糖分や糖度の高い食品をとった後は血糖値が上がるのですが、その時に、まず血管内皮細胞は萎縮します。

その後、血管内を流れる血液量が増えて、今度は血管内皮細胞が拡張します。

血管内皮細胞が広がるときに、細胞同士の間のすき間が大きくなるため、普段よりも油の微粒子が沈着しやすい状態になり、プラークの堆積量も増えていきます。

甘い物(糖分)をとり過ぎないことも、脂質の過剰摂取をしない事とあわせて覚えておくべきでしょう。

甘いサツマイモは確かに美味しいですが、動脈硬化が原因の高血圧を改善したいのであれば、昔ながらのサツマイモを選ぶ方が良いと思われます。

タイトルとURLをコピーしました