血圧を下げる食べ物・長芋【本質を知れば調理法も変わる!】

血圧を下げる食べ物

・血圧を下げる長芋の成分や栄養素について知りたいな

 

・高血圧なんだけど、長芋の食べ方や注意点ってあるの?

…こんな疑問を持つ方向けの記事です。

 

本記事の内容

・真の高血圧の原因
・血圧を下げる長芋の成分
・食べ方、注意点

 

筆者は高血圧が悩みで、2020年1月に上の血圧が180~190台ありましたが、薬を飲まずに生活習慣の改善と見直しを行い、約半年で上の血圧を130台まで下げることに成功しました。

現在は、なかなか下がらない高い下の血圧の改善を行っています。

 

真の高血圧の原因

私たちの体が高血圧になる本当の原因とはなんでしょうか?

話の根拠は、下記の著書を参考にしています。


10年以上に渡り、3万人を超える患者さんの血管内部を血管エコー検査によって観察・分析し、1000例以上の改善実績を食事療法であげている真島医師によると、高血圧の原因は大きく分けて3つ。

① 肥満
② 脂質の過剰摂取で血管壁内に血管プラークが堆積しておこる動脈硬化
③ 自律神経失調症状態(女性の高血圧の5%程度)

今回は、②を取り上げます。

私たちは、油や食品から脂質を摂取しています。

脂質は、生きていく上で最低限は必要な成分です。

しかし、1日の脂質摂取量をザックリでも計算してみれば分かるのですが、現代に生きる私たちはあまりにも多くの脂質をとっています。

油や食品から摂りすぎて、分解されずに体内で余った油(脂質)の微粒子は、動脈を流れる血液の強い流れによって、血管壁内のに押し付けられるようにして、内皮細胞のすき間から入り込み沈着していきます。

そして、最初は少なかった油の上に、さらに次から次へと油の微粒子が積もり溜まっていき、血管プラークとなり堆積していきます。

この血管プラークが、動脈硬化の原因です。

血管プラークによって血管内腔が狭くなり、中を流れる血液の圧力が血管壁により強くかかることで、血圧が上がります。

そして恐ろしいことに動脈硬化が進行すると、高血圧だけでなく、心筋梗塞や脳梗塞などを発症するリスクが高まっていきます。

 

動脈硬化と免疫細胞

定説では血管プラークは減らせないとされていますが、大切なのは事実です。

全身8か所の血管エコー検査によって、患者さんの血管内のプラークの厚みの変化を0.01mm単位で写真撮影し記録する真島医師は、血管プラークが減らせることを動かぬ証拠(血管エコー写真)と共に実証されています。

私たちの体内には免疫細胞が住みついており、対外から入ってきたウイルスや体内で日々つくられるガン細胞をやっつけています。

その免疫細胞のうち、白血球の一種であるマクロファージが、血管プラークを食べて減らしてくれるそうです。

しかし、食事から摂る脂質がある一定ラインを超えると、マクロファージが血管プラークを食べて減らす仕事量を超えてしまうため、血管プラークが堆積して厚くなってしまいます。

動脈硬化(高血圧)の改善のために重要なのは、

①脂質の過剰摂取をしないこと。が、大前提です。

その上で、

②プラークをむしゃむしゃ食べて減らしてくれるマクロファージの食べる能力を高めること。も大切な改善方法です。

そして長芋には、②マクロファージを元気にする成分が含まれています。

 

血圧を下げる長芋の成分

注目の成分・栄養素

・ムチン
・食物繊維  1.0 g

参考

・脂質  0.3g

※ 上記の数値は食品100g当たりの含有量

 

ムチン

長芋の特徴と聞いて、まず思い浮かべるのが、ねばねばした成分ではないでしょうか。

山芋ほど粘り気はなく、長芋のぬめりはもう少し水っぽいのが特徴ですが、このぬめり成分はムチンと呼ばれます。

ムチンは、マクロファージが喜ぶ成分です。

簡単に言うと、ムチンを含む食材をとることで、免疫力向上につながるのです。

動脈硬化を改善したい人は、脂質の過剰摂取をしないことが何より重要ですが、加えて長芋などのネバネバ・ぬめぬめした食品を積極的にとることをおすすめします。

 

食物繊維

100グラム当たり、2.5グラムの食物繊維量が含まれる山芋と比べると、長芋の食物繊維量は1.0グラムと少し少なくなりますが、それでも長芋は食物繊維が多い食材と言えます。

高血圧改善の話なのに、食物繊維をピックアップするのには意味があります。

食物繊維の多い食材を摂取すると、腸の中で食物繊維をエサとして善玉菌が増え、腸内環境が整っていきます。

そして増えた善玉菌によって、マクロファージが活性化されるのです。

マクロファージが元気になれば、むしゃむしゃと食べて減らせる血管プラークの量が増え、プラークの減り幅も多くなっていくと考えられます。

また、食物繊維の多い食材は、その内側に空洞・すき間が多い構造となっています。

血管プラークは、使われずに余った油の微粒子が血管壁内に沈着することで形成されていきます。

食物繊維の多い食材を摂取すると、一緒に食べる油や食品からとる油分の一部を、食物繊維はその内側のすき間に吸着させて、体内に吸収させずに対外へ便として排出してくれます。

よって、食物繊維を意識して多く摂取する人は、食物繊維をとらない人と比べて、血管壁内に沈着する油の微粒子が減るので、形成される血管プラークの厚みや量も減ると考えられます。

 

食べ方、注意点

調理方法によって食感が変わるのが、長芋の特徴です。

炒めたりして火を通すと、ほくほく・サクサクした食感になって楽しいのですが、注意しましょう。

真島医師によると、健康に良いとされる油も、悪い油も酸化した油も、一定ラインを超えて摂りすぎた分は全て、血管プラークの原因になるそうです。

真剣に動脈硬化を改善したい人は、油を使った調理法は避けるのが望ましいです。

どうしても炒めたい時は、テフロン加工のフライパンで油を使わずに火を通しましょう。

また、マクロファージを活性化させるムチンは熱に弱いので、おすすめの食べ方は生食です。

 

マクロファージが喜ぶ食材と一緒に

生の長芋を短冊切りにして、昆布と一緒にあえる和え物はオススメのレシピです。

なぜなら、昆布に含まれるフコイダンと呼ばれる成分も、マクロファージを活性化すると言われているからです。

味付けには、ついゴマ油を使いたくなってしまいますが我慢しましょう。

和え物は油以外の調味料で味付けして、ねばねば成分のムチンとフコインダンで、血管プラークをむしゃむしゃ食べて減らしてくれるマクロファージを元気にしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました