血圧を下げる食べ物。ラディッシュ(二十日大根)【成分・食べ方】

血圧を下げる食べ物

・ラディッシュの血圧を下げる成分や栄養素って何?

 

・高血圧なんだけど、ラディッシュの食べ方や注意点があれば知りたいな

…こんな疑問を持つ方向けの記事です。

 

本記事の内容

・真の高血圧の原因
・ラディッシュ(二十日大根)の血圧を下げる成分、栄養素について
・食べ方、注意点

 

筆者は2020年1月に、血圧の上が180~190台ありましたが、生活習慣の改善と見直しを行い、約半年で血圧の上を130台まで下げることに成功しました。

2020年12月からは、高血圧の真の原因と向き合い、高い下の血圧の改善に取り組んでいます。

 

真の高血圧の原因

話の根拠は、下記の真島医師の著書です。


高血圧の原因は、動脈硬化です。

高血圧によって動脈硬化が起こるのではありません。

動脈硬化によって、高血圧が起こります。

そして動脈硬化の原因は、油や食品から摂る脂質の過剰摂取によって、血管壁内に油の微粒子が沈着し、血管プラークが堆積することです。

 

血管プラークは減らせる

真島医師は10年以上に渡り、3万人以上の患者さんの血管内部を血管エコー検査によって観察・分析し、食事療法によって1000例以上、血管プラークを減らした実績があります。

食事療法の前と後で、0.01mm単位で血管プラークの厚みの変化を測定される真島医師の血管エコー写真は、どんな証拠より説得力のある事実、エビデンスと言えます。

血管プラークを減らすために必要なことは、主に2つ。

① 脂質の過剰摂取をしないこと

② 血管プラークを食べて減らしてくれる免疫細胞・マクロファージを活性化させること

1日の脂質摂取量の合計が、ある一定ラインを越えなければ、私たちの体内の免疫細胞の一種、マクロファージが血管プラークを食べて減らしてくれます。

しかし、一定ラインを超えて脂質を取りすぎると、マクロファージが食べて減らす仕事が追い付かなくなり、血管壁内にプラークが積もり溜まっていく量の方が勝ってしまうのです。

脂質の過剰摂取をしないことが大前提ですが、マクロファージの食べる能力をアップさせることも大切です。

そして、ラディッシュ(二十日大根)には、マクロファージを活性化させる成分が含まれています。

 

ラディッシュ(二十日大根)の血圧を下げる成分、栄養素について

注目成分

アントシアニン
リパーゼ
ビタミンC  12 mg

参考

脂質  0.1 g

※ 上記の数値は食品100g当たりの含有量

 

アントシアニン

アントシアニンは、ポリフェノールの一種です。

アントシアニンが含まれる食品は、ブルーベリーなどが有名ですね。

黒っぽい色や赤黒色の食品には、このアントシアニンが含まれているようです。

ラディッシュにも含まれるアントシアニンは、抗酸化作用という特徴を持ちます。

抗酸化作用は、活性酸素によって細胞や血管が老化していくのを和らげ、体を若くみずみずしく保つ働きがあると言われています。

抗酸化作用によって血管の弾力性を上げる(柔らかくする)ことで、血圧が下がる効果を説く医師も多いです。

しかし真島医師は、血管を柔らかくすることに重きを置いていません。

なぜなら血管がいくら柔らかくなっても、血管内部のプラークを減らさなければ動脈硬化が進行し、脳梗塞や心筋梗塞などの怖い病気につながるリスクが増えるからです。

そこで、アントシアニンの抗酸化作用以外の効能についても目を向ける必要があります。

実はアントシアニンは、免疫力をアップさせる作用もあると言われています。

マクロファージの貪食能力(どんしょくのうりょく・食べる力)をアップさせるために、アントシアニンが役立つと考えられます。

つまり、アントシアニンが含まれるラディッシュなどの野菜を摂取する目的は、抗酸化作用よりも、血管プラークを食べて減らすマクロファージの能力をアップさせるためなのです。

 

リパーゼ

油を分解して吸収を助けるリパーゼが含まれる食品は、大根(大根おろし)が有名です。

動脈硬化の改善のために、真島医師は大根おろしを摂るように著書の中で勧めていますが、ラディッシュにもリパーゼは含まれています。

リパーゼにはいくつか種類があり、元々は人間の体内で作られる酵素です。

代表的な物が、下記です。

① 膵臓リパーゼ
② リポタンパク質リパーゼ
③ ホルモン感受性リパーゼ

ここでは、動脈硬化・血管プラークと関わりのあるリパーゼとして、②を取り上げます。

リポタンパク質と、リポタンパク質リパーゼは、それぞれ別の存在とイメージして下さい。

リポタンパク質は、血液中の脂質を輸送する、いわば運び屋です。

また、脂質を運ぶリポタンパク質にも、下記のように大まかに2種類あります。

(A) カイロミクロン ➡ 食事由来の脂質を運ぶリポタンパク質
(B) VLDL ➡ 肝臓で生成された脂質を運ぶリポタンパク質

②のリポタンパク質リパーゼは、脂質の運び屋であるリポたんぱく質が抱えている、トリアシルグリセロール(中性脂肪の9割以上を占める脂肪酸の形の一種)を分解する働きがあります。

健康診断で測定する、TG・中性脂肪(血中脂質)の数値は、(A)と(B)の両方…つまり、食事からの脂質と、体内で合成された脂質を合わせた物を指すようです。

そして、大勢の患者さんの血管内部の変化をデータと共に観察・分析してこられた真島医師は、(B)VLDL・肝臓で合成された脂質は、血管プラークを堆積させる原因にはならないと言います。

重要なのは、食事からの脂質の摂りすぎによって血管プラークは堆積し、動脈硬化が進行することです。

真島医師の食事療法によって血管プラークが減ったけれど、健康診断のTG・中性脂肪の数値が高いままの人が実際に居るという事は、まさに上記の裏付けと言えるでしょう。

また、動脈の中膜に位置する血管平滑筋細胞の中には、②リポタンパク質リパーゼが備わっているとのこと。

つまり、脂質を摂りすぎなければ私たちの血管内部には元々、脂質を分解して血管プラークを堆積させないようにする能力がある訳です。

しかし、脂質の過剰摂取によって、リポタンパク質リパーゼの分解能力を超えて、分解できない脂質が血管壁内に沈着し、プラークを溜めてしまいます。

そこで、②のリパーゼと同様の働きをする、ラディッシュや大根おろしに含まれるリパーゼの出番です。

(調べきれてないのですが、食品に含まれるリパーゼは、①膵臓リパーゼ の働きも持っているかもしれません。わかり次第で追記します)

大前提として、ある一定ラインを超えて脂質の過剰摂取をしなければ、マクロファージが血管プラークを食べて減らしたり、血管平滑筋細胞内のリポタンパク質リパーゼが脂質を分解することで新たなプラーク形成の原因(油の微粒子)が減少するため、動脈硬化は改善されていきます。

さらに、ラディッシュや大根おろしを食べることで、それらの食品に含まれるリパーゼの分解能力が、血管平滑筋細胞内のリポタンパク質リパーゼの分解能力を助け、マクロファージが血管プラークを食べることに集中できる環境が整うため、血管プラークの減るスピードが速くなり、減り幅は大きくなっていくと考えられます。

 

ビタミンC

ビタミンCは、マクロファージを活性化させる成分です。

マクロファージが、バクバクと血管プラークを食べて減らす貪食能力(どんしょくのうりょく)を高めるために摂りたい重要成分が、ビタミンCです。

また、ビタミンCは、コラーゲン生成に関わる成分です。

高血圧の原因である動脈硬化は、摂りすぎた油の微粒子が、血管内皮細胞のすき間に入り込み沈着して血管プラークが堆積することで起こります。

ビタミンCを摂取することで作られていくコラーゲンは、血管内皮細胞のすき間を埋めてひきしめる効果もあると、真島医師は言います。

血管内皮細胞のすき間をきゅっと埋めることで、普段よりも油の微粒子が入り込まないようにし、血管プラークが堆積すること自体を減らそうとする狙いがあります。

 

食べ方、注意点

高血圧の真の原因は、動脈硬化。動脈硬化は、油や食品から摂る脂質の過剰摂取によって血管プラークが堆積することで起こります。

せっかく血管プラークを食べて減らすマクロファージの能力を高める成分を含む食材をとっていても、大前提となる改善行動が間違っていれば、動脈硬化・高血圧は解消できないと考えられます。

つまり、ラディッシュの調理法にも十分に気を遣う必要があります。

とは言え、難しく考える必要はありません。

油炒めなど、油を使った調理を避けることが基本です。

また、マクロファージを活性化させるビタミンCは、水に溶けやすい性質を持っているので、生食のまま摂取するか、スープなどの場合は溶けだしたビタミンCまで摂れるよう、煮汁まで飲めるメニューにすることが望ましいです。

ラディッシュをサラダにして食べることが、理想的な食べ方と言えるかもしれませんが、サラダの場合もやはり注意が必要です。

サラダにかけるドレッシングやマヨネーズも油が使われていますし、オリーブオイルなど健康に良いと言われる油であっても、摂りすぎた油は全て血管プラークを溜める原因となることは、真島医師が実証されています。

ドレッシングを使う場合は、ノンオイルのものを選ぶと良いでしょう。

ラディッシュ(二十日大根)をうまく食事に取り入れて、高血圧の予防・改善に役立ててみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました